企画展『邑久光明園 陶芸作品展』

「邑久光明園 陶芸作品展」をくらよしアートミュージアム無心で開催します。

 


 国立療養所邑久光明園は、全国に13カ所ある国立ハンセン病療養所のうちの一つで、岡山市の東南35kmの瀬戸内海に浮かぶ、長島にあります。今から20数年前に、入所者のリハビリの一環として奈良から陶芸の先生が来園され、陶芸教室が開かれたのが原点です。当初は多くの方々が陶芸をされていましたが、現在陶芸に携わっているのは、戦後に入所された80代の女性2名です。

 陶芸部の方々は、リハビリの上で土に親しみ土にふれて、有意義な時間を共有して楽しんで制作しておられます。本展覧会では、8名の作者のこれまで制作された作品約50点をご紹介します。土と向き合い、仲間たちと楽しんで制作された作品の数々を是非お楽しみください。 


[会 期]2022年6月4日(土)~2022年7月10日(日)

会 場]くらよしアートミュージアム無心(鳥取県倉吉市魚町2540-2)

時 間10時から16時まで/土日祝は17時まで

休 館水曜日

 ※入館無料

  


 

『ギャラリーツアー』

 

 

倉吉市在住で邑久光明園と交流を続けておられる三谷 昇さんに作品の解説や陶芸部についてお話していただきます。また会場には、邑久光明園の施設紹介パネルも展示しています。

 

【日程】① 6月12日(日)/ ② 6月25日(土)/ ③ 7月10日(日) 

【時間】10:30~11:00 / 13:30~14:00 ※各日2回開催 

【会場】くらよしアートミュージアム無心 

【定員】各回10名程度 

<申込み不要/参加費無料>

※会場が密になる場合は、各予定時間以降に追加で回を設けて解説を行います。その場合は、先着順にグループに分けて行いますので、ご了承ください。

※手話通訳をご希望の方は、各開催日の10日前までにあいサポート・アートセンターまでご連絡ください。

 

<団体でのご来館をご希望の場合> 

5名以上の団体様で、三谷さんによる解説をご希望の場合は、事前にあいサポート・アートセンターまでお申込みいただき日程等ご相談ください。(その場合、水曜日も対応可)

 

 


◇主催

あいサポート・アートセンター

 

◇協力

国立療養所邑久光明園、長島との交流を進める倉吉市民の会

 


 

【重要】新型コロナウイルス感染予防・拡散防止へのご協力をお願いいたします。

 

ご来館されるお客様は、新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、以下についてご理解、ご協力をお願いいたします。

 

【次の方は入館をご遠慮ください】

・入館時の検温で37.5度以上の熱がある方

・発熱、咳等の風邪症状がある方や体調がすぐれない方

・過去14日以内に海外渡航歴のある方

 

【お願い】

・入館時、「来館記録用紙」に連絡先等を記入し、提出してください。

・マスクの着用をお願いします。

 (障がい等のためマスク着用が難しい方は、そのままご入館ください)

・館内では、「咳エチケット」「手指消毒」にご協力ください。

・観覧時は、他のお客さまと一定の距離を保つようにお努めください。

・混雑具合により入館制限を行う場合があります。団体のお客様は、三密対策をとりながらご入館いただきます。

 

 

 >鳥取県の「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)特設サイト」はこちら

 

 

*******************************************************************************************

 コロナウイルス感染予防・拡大防止のため、やむを得ず展示スケジュールの変更・中止などをする可能性があります。その場合は、こちらHPや、無心が運用している各種SNSなどでお知らせいたします。